ホーム > 技術紹介 > NP-CPシステム

NP-CPシステム

三和のオリジナルシステム:NP-CPシステムとは

三和のオリジナルシステム:NP-CPシステムとは

技術(エンジニアリング)の仕事は無限であり、手間を掛ける程、お客様評価は高まるものであります。CP活用により、コスト的にこの手間を他社の何倍も掛ける事が出来ます。
しかし当システムは、「アウトソーシング」や「外注」とは性質が異なります。
CPは「自社の所員」という考え方が基本です。
ただ仕事を依頼するのではなく、共に成長する事が求められます。
100年来の大不況の下、部下が持てぬ時代に、若い社員でも「部下を持つ」事で、より価値の高い業務へとシフトしていき、リーダーとして大きく成長するのです!

NP-CPシステムとアウトソーシングの違い

今日、日系企業をはじめ多くの外資系企業が、中国へのアウトソーシングを行っております。
業務内容によってはアウトソーシングでも上手くいく業種もあります。例えば、大型物件の設計業務の場合、100枚の図面・仕様書等が完璧であればアウトソーシングで一括請負しても上手くいくケースが多いです。しかし、度重なる変更がある設計業務だと、言った言わないの問題や品質問題が多々発生します。見積業務・プログラミング業務・事務経理においても同様です。
当システムであれば、自社の日本にいる日本人社員(NP)が責任をとるシステムなので上手くいくのです。徐々にCPに責任を移行していく形をとっており、自社の内部組織と同様、責任と権限がNP→CPにシフトしていくのです。

NP-CPシステムとアウトソーシングの違い

当システムと同じで中国の技術者を部下として提供している会社が、我々の知る限り1社ありますが、当社よりほぼ2倍のコストが必要です。それでも多くのユーザーがCPを活用し様々なメリットを生み出しております。

NP-CPシステムでのインフラ環境は弊社で整えます!!

当システムは、御社の『中国分室』とお考えください。

NP-CPシステムでのインフラ環境は弊社で整えます!!

上記の様な要望も、当システムを利用することで解決されます!
すでに、仕事が出来る環境は整っているのであとは、『御社独自のシステムや整備』を追加するだけです。
NPの鏡がCPであり、NPが真剣に指導・教育~業務に取り組むことで、CPも真剣に答えを返してくれます。

NP-CPシステムでのインフラ環境は弊社で整えます!!

いつでも日本の各部門NPが、実体験や指導方法等を詳しくご説明させて頂きます。
もっと足を運べるのであれば、是非とも中国三和CPを直接見て頂き、実際に彼らの向上心ややる気を肌で感じて頂きたいと思います。

次へ「活用事例(当社)」