ホーム > 三和電業グループとは > 新しいエンジニアのカタチ

新しいエンジニアのカタチ

T型エンジニア集団を目指す!

三和電業グループのエンジニアは、すべてT型エンジニアを追求しています。
T型エンジニアへの第一歩は、I型エンジニアになることです。

I型エンジニアとは、先輩パートナーと共に一つのスキルに打ち込む事により、固有技術を深めてゆく技術者の事です。
I型エンジニアが固有技術を深めるとき、パートナー教育・OJT・そして社内システムが彼をバックアップします。

固有技術の習得に打ち込む若きエンジニアの姿は感動的・・・お客様の輪が広がります。
T型エンジニアになるための右腕は、このお客様の中にファンを創ることなのです。
右腕は、お客様のファンが一人増えるごとに伸びてゆくのです。

左腕は、協力者のファンです。
当社の協力会社群(三和会)のメンバーをはじめ、多くの協力者がファンとなり、T型エンジニアの左腕が伸びてゆきます。

右腕・左腕が伸びてゆく時、T型エンジニアの固有技術は更に深まってゆきます。
これらの善循環により、三和のエンジニアはT型エンジニアとなり、『お客様と共に』成長させていただいています。

T型エンジニアイメージ

ナンバーワンとオンリーワン!技術集団としての未来像!

三和電業グループの社員は、全社員がエンジニア。
技術者集団としての未来は大きく開かれています。
私たちは、1つの技術に打ち込むI型エンジニアとしてスタートし、多くのお客さまと協力者のファンを持つT型エンジニアへと成長していきます。
そしてT型エンジニアは互いに連携し、社内LANの活用等で技術者集団としての人脈ネットワークを拡大しています。
このT型エンジニア集団としての三和電業グループの未来像を基に、各エンジニアは品質・機能・付加価値・サービス・スピードなど、自分の得意な面でのナンバーワンとオンリーワンを目指しています。

国際感覚を持ったエンジニアに!

三和電業グループでは、100名以上の日本人社員が主に上海-蘇州での海外研修を受け、20名以上の社員が数ヵ月間以上の海外での技術研修体験を持っています。
欧米での体験も貴重ですが、今や中国は「世界の工場」であり、上海-蘇州地区での彼らの体験は、グローバルな視野を得ることはもちろん、より深く日本を知る事・・・そして、地域を愛する心にもつながっています。